kwk blog

読書、テニスのことを中心に更新しています。Twitterアカウント:@kyoheiwata0914 レターポットはこちらからhttp://letterpot.otogimachi.jp/users/1109

身の丈にあった勉強法

アクセスありがとうございます。

 

菅広文さんの『身の丈にあった勉強法』、読了しました。

身の丈にあった勉強法

身の丈にあった勉強法

 

 

菅さんといえばロザンというコンビで吉本の芸人さんです。

相方の宇治原史規さんは、京都大学出身でよく、クイズ番組で優勝している方です。

おそらく宇治原さんの相方といった方が、分かりやすいかもしれません。

その菅さんは『京大芸人』など、他にも多数書籍を出していて、講演会などでも活躍されています。

 

 

京大芸人 (幻冬舎よしもと文庫)

京大芸人 (幻冬舎よしもと文庫)

 

 

 


『京大芸人』のブログはまたの機会に。

あまりテレビで見る機会は少ないので、笑顔が良いな、優しそうだな、ぐらいしか印象がなかったのですが、

キングコング西野亮廣さんがブログで、

お世話になった二人の一人に挙げていました。

キングコング 西野 公式ブログ - キンコン西野を作った男 - Powered by LINE 

そこで、「この人そんなにすごいんだ〜」と思って、どんな考え方か知りたいな、と思ったのが著者を読むきっかけでした。

 

正直大人になって、中高生みたいな勉強はしないからなーと、しばらく積ん読していたのですが、読み始めたら止まらなくなってしまいました。

宇治原さんの話が引き合いに出てきますが、まぁ秀逸です。

勉強ロボ、鬼、馬など、厳しい表現をしていますが、なんとなくイメージ出来てしまうのと、そう書いても嫌な気持ちにならない菅さんのキャラクターがそうさせているんだと思いました。

お笑い好きの子供がいる親世代は、面白く勉強について考えさせられる本です。

なぜ人生で使わない数学や理科を勉強しなくてはいけないのか、受験のレベルをどうやって選べば良いかなど、なるほどなーと納得する事満載です。

ぜひオススメします!

渡邊 恭平さんのレターポット | LetterPot (α)

ヘンテコノミクス

アクセスありがとうございます。

 

雑誌BRUTUS連載の行動経済学まんがヘンテコノミクス、単行本読了しました。

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

 

 

日常のよくある状況を行動経済学の視点から解説、解決する短編集が盛り沢山です。

POPで可愛らしい絵で読みやすく、しかも勉強になる良いビジネス本です。

 

23編のストーリーの中で、好きなストーリーは、

中学生の息子がいる主婦が、ご飯と梅干しのら日の丸弁当をいかに美味しく食べさせるか。

食べ物も環境によって美味しいかどうか左右されます。

しょっぱいものを食べた後は甘いものを食べたいように。

日の丸弁当を美味しく食べさせるための1通の手紙とは。

そして、もう一つ。

職場のマドンナをデートに誘ったネガティヴな男性の話。

会話も上手くいかず、デートも失敗。

占い師から否定の感情が強い事を指摘され、あるアドバイスをする。

それは今までの話し方を入れ替えることだけ。

決意を新たに再度デートに誘い、 話し方を変えお付き合いをし、ついには結婚する。

 

私もネガティヴなので、この話はとても為になりました。

極力、話し方の順番を意識しポジディブで終わるようにしています。

 

行動経済学と聞くと難しいイメージが先行しやすいですが、この漫画を読むと日常生活で「あぁ確かにあるある」と思うことが、「そういう事か」と納得し、意識して行動出来るはずです。

日常生活をよりよくしたい、恋人や家族とうまくやりたい人にオススメです。

 

ツイッターフォローもお待ちしております。

レターポットはこちらから↓

https://letterpot.otogimachi.jp/users/1109

広告を非表示にする

36歳R・フェデラー選手、史上最年長1位

アクセスありがとうございます。

 

2/19(月)付けで、プロテニス選手、R・フェデラー選手が5年振りに世界ランキング1位になりました。36歳での1位は史上初です。

フェデラー選手といえば、グランドスラム20勝を誇り、歴代史上最強の選手とも言われています。

詳しい内容は下記を見て下さい。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ロジャー・フェデラー

 

有名な対戦がいくつもありますが、最初に有名になったのが、2001年ウィンブルドンで当時最強と言われていたP・サンプラス選手を破った試合です。

 

昨年全豪オープン勝戦、R・ナダル選手とフルセットを戦い、大注目を集めました。

ナダル選手もその前年、怪我でツアーを休養し、ランキングを落としていました。

2人の復活、そして決勝戦での死闘は本当に凄かった。

特にフェデラー選手のバックハンドの攻撃性が高く、以前はナダル選手にバックハンドに集められると苦しいシーンが多かったですが、見事なショットをバンバン決めていました。

 

一時代を築き、テニス選手としては引退しておかしくない年齢でのさらなる飛躍とランキング1位という結果は、幾つになっても成長出来る事を教えてくれます。

表彰状

アクセスありがとうございます。

今週のお題「表彰状」についてブログを書きます。

 

自分自身、表彰状をもらった最初の記憶は、小学校1年生の時、牧場を見学し、授業で牛の絵を描いたものです。

その絵は友達と「こんな牛いたら面白くね」と画用紙いっぱいに顔を書き、その後体をつけていくような記憶があります。

だから、先生から表彰をされると発表があった時、どの絵の事か分からず、その時期に描いた他の絵の事かなと思ってました。

実際その絵が飾られている公民館みたいなとこに見に行った時、あの牛の絵だったんだと知りました。

その後、表彰状を受け取り、家族や祖父母がえらく喜んでくれました。

ただ、当時の私はそんなに嬉しくなかった思い出があります。

そのように描いた絵で頂いた賞で、その後貰える訳もなく、もっと言えば美術は苦手で成績も良くなかったです。

そんな表彰状は対して嬉しくもなく、家に飾っていたのも恥ずかしさの方がまさっていました。

他にも絵以外の何かで表彰状を頂いた思い出はありますが、何で貰ったか、また何位とか何賞で貰ったかも覚えていません。

おそらく受け取る本人は認められたり成果が出たことの方が嬉しくて、家族や監督が自分の子供が認められる結果として、何か形に残るもので表彰状は使われているのだと思います。

デジタルな時代ですが、表彰状を出す側が何か他の良いものが出てこない限り、表彰状を渡す文化は無くならないでしょう。

トロフィーよりもかさばらない、パッと見た時に何かがわかる。

うーん、考えた人は素晴らしいなぁ。

広告を非表示にする

バレンタインデー

アクセスありがとうございます。

 

久しぶりの記事は、今週のお題「バレンタインデー」です。

 

先日、テレビ東京ワールドビジネスサテライトでバレンタインデー特集をやっていました。

GODIVAゴディバ(GODIVA)公式サイト|トップの義理チョコは止めよう、ブラックサンダー(有楽製菓株式会社)の義理チョコだと全面に出した売り出し方。

どちらも面白く、義理チョコを負担に思う女性も多いので、特に男性が多い職場の方は準備の大変さやプレッシャーのかかり具合は、男の私には分からない。

その状況で、チョコレートメーカーとして、超有名なGODIVAがそれを広告として打ち出すのは、すごいリスキーで。

でも同時に女性の支持を増え、今年のバレンタインデーで売上が下がったとしても、結果的に年間の売上が上がるかもしれない。

そしてその広告を見た男性も、もらえないかもと不安を煽るなと言いたい人もいるだろうが、深く印象付けられるでしょう。

 

一方義理チョコを全面に打ち出すブラックサンダーは、そのネーミングと小さい子供でも買える値段で、あえて義理チョコを促している。

義理チョコといってもセンスを試されていると思う人は、手軽に渡しやすくお値段も手頃なので小中高校生に受けるでしょう。

 

今年はそういったチョコレートメーカーのマーケティングを見るのも楽しい。

私は妻から毎年頂いているので、嬉しい限りです。

お菓子も嬉しいですが、

SNSのフォローもよろしくお願いします。

渡邊 恭平さんのレターポット | LetterPot (α)

 

 

広告を非表示にする

新版安売りするな!『価値』を売れ!

アクセスありがとうございます。

 

藤村正宏さんの新版安売りするな!価値を売れ!、読みました。

 

Amazonサイト↓

新版 安売りするな! 「価値」を売れ!

新版 安売りするな! 「価値」を売れ!

 

タイトルの通り、ただ安売りするだけでは売れない時代です。

その理由は、本書でも書かれていますが、『安くても良いもの』ばかりだからです。

安いのは当たり前、そして良いものも当たり前で、私達消費者はそれを知っていて、同じ商品なら少しでも安い物をネットで調べて買う事ができます。

事実、私も本を買う時にはまずAmazonを見ます。

だから物を安く売るだけでは価格競争をするだけです。

 

著者はただ商品を売るのではなく、商品を通してどんな体験を得る事が出来る事、会社ではなく個人を通してどんな価値を与えてくれるかが、これから消費者が選ぶ基準であると説いています。

エクスペリエンスマーケティング、通称エクスマと、著者は呼んでいます。

そしてそれを売る人がどんな人であるか?

会社だけでは、名前も分からない顔も分からないでは、その商品がどれだけ良くても信用されない。

例えば、イトーヨーカドーの野菜の一部でこれは〇〇さんが作りました、という表記があるのも、顔を出す事により責任の所在がはっきり分かる事で信用されやすくなり、さらに商品が良ければ他の商品はどんなかな〜と興味が湧いて来ます。

そういったことをもっと深掘りし、より多くの人に広める事が、独自の価値を生み販売数が増やせるか。

サービス業をやっている人で売上が上がらず嘆いている人は、必読本です。

嘆いている暇がなくなり、やる事が山ほど浮かび、ポジティブに仕事に取り組めます。

ぜひ、オススメします。

 

 

受験

アクセスありがとうございます。
今週のお題「受験」について。

私は高校受験と大学受験をしました。
ペーパーテストを行い、高校は第一志望、大学は浪人後法政大学に合格しました。
どちらも良い思い出で、学んだ事も多く、受験をして良かったです。
その中で3つのことを書きます。
今、学生の方々は受験勉強真っ最中の人も多いと思いますが、受験勉強を今後の人生に活かすきっかけになれば嬉しいです。

私が学んだ事は、
・自分のペースを作る
・いかに楽して結果を残せるか考える
・一生懸命続けた事が自信に繋がる
の3つです。

・自分のペースを作る
受験で一番と言ってもいい課題は、孤独に耐えられるかです。
おそらくどの受験生に聞いても授業を受ける時間よりも自習で学ぶ時間や、問題を解いている時間の方が長いはずです。
そんな孤独な受験生は、友達と一緒に過ごす時間は楽しくて楽しくてしょうがないです。
そんなしょうがない時間を際限なくやってしまうと、勉強に身が入らず、どんどん楽しい時間が増えてしまいます。
そうならないように自分を律して、楽しい時間と孤独な時間を両立する。それをする為にも、受験する目的は何なのか?明確にあるかが大事です。
みんなが受けるから、親が受けろというからと受け身な姿勢ではなく、この高校で部活を頑張りたい、この大学でこの教授の授業を受けたいと積極的な姿勢で臨むことです。

 

・いかに楽して結果を残せるか考える

受験難易度が上がれば上がるほど、準備が早い人の方が有利です。ただ長い受験期間は、合格という目標がだんだん勉強すればいいや、という行動に対して目を向けてしまい効率が下がってしまいがちです。

合格という目標を達成する為に、楽をする事が心が安定し、能動的に勉強に取り組みやすくなるでしょう。

どうやったら楽に出来るか一番シンプルなのは、『頭の良い人に勉強法を聞く』事です。

ある人は、

いくつかの教科を満遍なく行い飽きないように勉強する、歴史の勉強をする為に歴史マンガを読む、とにかく過去問を解きまくり問題の流れを学ぶ、英単語を覚える為にとにかく声に出す、

など頭の良い人独自の勉強方があるはずです。

もちろん合う合わないはあるかもしれないですが、頭の良い人がやる事は何か理由があるはずです。

その理由をやってみないと分からないし、自分のやり方とどちらが結果が出るかもやってみないとわかりません。

情報は大いに越した事がなく、知ってるか知らないで差がつきます。

 

・一生懸命続けた事が自信に繋がる

受験という課題は、テストよりも長期間で、点数が何点取れているかで競うのではなく、合格するかどうかで白黒はっきりつくので、結果が非常に分かりやすいです。

目標点数を取れて落ちることもあれば、0点でも定員割れで受かる事もあるのか(?)もしれません。

だけど、受験に向けて自分がどれだけ努力してきたかは自分にしか分からず、一生懸命頑張れば、一生分の財産になります。

代表例は『ビリギャル』ですね。

もちろん合格し、本や映画になって発表したから人気になりましたが、偏差値も低く分からない事だらけだったのが、主人公の努力と坪田先生と家族のサポートで、果てしない目標を達成しました。

本や映画にしなくても、個人個人で語れる思い出は必ずあるはずです。

それぐらい一生の内、頑張れるイベントです。

 

もちろん受験生やその親に、イベントなんていうのは失礼かもしれません。

でも人生100年の中でそれぐらい楽しんでも良いし、後になってあの頃しんどかったけど楽しかったよね。為になったよね。という方が試験の結果よりも人生に役立つのではないでしょうか。

私自身、浪人した時に始めたテニスコーチの仕事を今尚続けているとは、その頃は夢にも思わなかったです。

 

試験の結果を出す為に必要な事を行い、それを継続していく事で、より人生をポジティブに過ごすきっかけになればと思います。

受験生の皆さま、保護者の皆さま、頑張って下さい。

広告を非表示にする