読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルポ橋下徹

アクセスありがとうございます。

 

著書:ルポ橋下徹

著者:朝日新聞大阪社会部

読みました。

 

橋下さんの、大阪府知事大阪市長、そして住民投票敗戦による政界引退を記した一冊です。

 

もともと私も、大阪都構想って何?東京以外に都を作るの?名前を変えるだけじゃん。というぐらいの知識しかありませんでした。

この本を読み、橋下さんが何を思い、大阪都構想を打ち出ししたのか。

よく橋下劇場、(ファシズムと橋下をかけた)ハシズムなんて言われますが、そうでもしないと物事が進まなかった、進めなかったのだと思います。

 

話し合っても話し合っても、お互いの損得が異なれば、それは対立する避けられないでしょう。

例えば、議員の報酬カット、議員定数を減らすなど、無駄を省きたい組織と、給料や働く場を失いたくない組織では、一緒に歩み寄れるわけはありません。

そんな事を改めて気づかせてくれた一冊でした。

広告を非表示にする