ビリギャル

アクセスありがとうございます。

 

人に勧められて、映画ビリギャルを観ました。

面白いだけではなく、勉強になりました。

 

簡単なあらすじ

高校2年生のさやかは勉強せずに遊んでばかり、先生からもクズだと言われています。

そんなある日、母から大学受験のために塾に通ってみてはと勧められ、行ってみることに。

そこで出会った坪田先生と一緒に、慶應大学合格を目指し始めます。

 

その坪田先生が、

子供を否定しない、ポジティブなワードにして伝えることが話題になっています。

そこも素晴らしいですが、

主人公のさやかが良い結果を残すと、必ずハイタッチをする、ゲームが好きな子にはゲームの話を例えに出すなど「友達のように接する力」と「先生として子供に課題を与える」両面を意識的に作れていることが素晴らしいと思います。

 

そして友達のように接するためには、「子供を理解しようとする心」と、「知らない事に対する勉強」をしなければなりません。

他人を理解するために努力を惜しまない坪田先生の取り組みに、「どれだけ年を重ねても勉強する事はいくらでもある」事を感じました。

 

良かったら観てください。

広告を非表示にする