柳井正の希望を持とう

アクセスありがとうございます。

 

著書:柳井正の希望を持とう

著者:柳井正

 

読みました。

UNIQLOを初めとしたファッションブランドを持つ、ファーストリテイリング社長の著者の、UNIQLOを作るまでの経緯や事業・仕事に対する思いを綴った一冊です。

 

商売人や職人と経営者の違いを多くあげ、

一人一人が経営者と感じる事を同社社員に伝えております。

 

その中で一文で一番感銘を受けたのは、

経営者は常に危機感と不安を感じている。

ただ不安はやるべき事を考えてやる事に集中し、取り除く必要があるが、危機感はどこまで行っても持ち続ける事が大事だと仰ってます。

満足したら、必ず企業は衰退していく。

衰退しないためにも常に前に進むための方策を考えなければいけない。

 

もっと危機感を話し合う必要がありますね。

 

良かったら一読下さい。