島耕作も楽じゃない。

アクセスありがとうございます。

 

著書:島耕作も楽じゃない。仕事・人生・経営論

著者:弘兼憲史

 

大人気漫画の島耕作シリーズ作者の弘兼憲史さんが、島耕作を作っていった過程や島耕作という人物にどんな想いを込めているかを綴った一冊です。

私は会社員としてもっと色んな事を知りたいと思い、サラリーマンのバイブルの一つ島耕作シリーズを全巻読破しました。

そしてつい先日、書店にて「60歳からの手ぶら人生」という弘兼憲史さんの著書を読み、もっとこの人の作品を知りたいなと思いました。

 

内容は、

第1章:島耕作の仕事論

第2章:弘兼憲史の仕事術

第3章:島耕作のライバルたち

の3部構成になっています。

 

作者の思う理想が詰まったサラリーマンが島耕作です。

一匹狼で組織に群れないが、自然と仲間が寄ってくるコミュニケーション能力の高さや、英語が堪能でグローバルな仕事を楽しみながら精力的に働く。

弘兼さんが漫画家になる前、松下電器株式会社で3年働いた経験が詰まっています。

この本自体は、作者の仕事に対するスケジュールや考え方が記載されています。