ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね

アクセスありがとうございます。

 

著書:ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね

著者:堀江貴文 西村博之

 

週刊プレイボーイ』の大人気連載「ホリエモン×ひろゆき なんかヘンだよね…」を書籍化した一冊。

2013年〜2016年に対談された50のテーマをまとめたものです。

当時の注目された話題について、二人が独自の理論をぶつけています。

 

私は著者2人と勝間和代さんが加わって、「そこまで言うか!」を読み、頭の良い人の話はなんて面白いんだろうと思い、この本を買いました。

現代の話題について、非効率的であることや、一部の既得権益を守るために産業が進んでいないことなど、話題は多岐に広がっています。

 

特にスマートフォンが流行している現代に、ガラパゴス携帯(通称ガラケー)が生産中止になる。(なっている?)

そこでガラケーを使用したい人向けに販売されているガラパゴス携帯だが中身はスマートフォン、通称ガラホを販売するのはいかがなものかと。

ガラパゴス携帯を愛用している世代には良いかもしれないが、スマートフォンがこれだけ流通しているから市場規模は小さいし、海外でも需要はないため、価格は高いし、機種や保守の面からも厳しそうでは…と意見する二人。

私はスマートフォンですし、周りにガラケー、ガラホを持っている人がいないので、あまり身近な話題と思っていませんでしたが、お二人の意見はまさにその通りだと思いました。

小さい市場を手にする利益とコストが噛み合う企業なら良いですが、政府や大企業が精力的にやることは長期的に見ても厳しそうでだと感じました。

 

それ以外にも「ヘン」と思われる事が多々語られています。

ぜひご一読ください。