読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即効マネジメント

アクセスありがとうございます。

 

著書:即効マネジメント

著者:海老原嗣生

 

マネジメントって正直なんだろうと思ってます。「もしドラ」でドラッカーが日本で急激に流行りましたが、結局あまり理解出来ていません。

海老原さんは、漫画「エンゼルバンク」に出てくるやり手転職仲介者のモデルになった方で、元リクルートの社員です。

部下に対して厳しくしすぎても、甘やかしすぎてもいけないし、どう接していいかわからない方に、基本的な事をこの本で伝えてくれています。

まず大前提として、

「社員にやる気があれば業績が上がる」という事。

やる気がある社員は、自ら困難に立ち向かおうとし、問題解決に対して工夫をしたり、時間を費やしたりすることができます。

またそんな社員を周囲もサポートするはずで、チームとしても進みやすいです。

なのでやる気を引き出す事が、上司の仕事の一つ。

そしてやる気を引き出すためには、2W2R。

2Wは、what(何をするか具体性)、way(出来るやり方)を示す事で、迷わずやるべき事がやれるようにする。

2Rは、reason(理由、目的)を理解する事により、自ら目的に対して工夫を考えるようになります。

最後はrange(範囲)。自由に出来る裁量を考慮し、その能力を発揮出来る範囲を与える。

そうやって部下をマネジメントする事が基本との事です。

今日から実践していきます!

広告を非表示にする